IOL2009-4 古インド語

翻訳・ヒント・解答・解説のまとめ

情報

IOL2009-4
Old Indic
古インド語
★★★★☆4 音韻

主題:Old Indic (Indo-European)
作問:Alexander Piperski

解答

解答

解説

詳しい解説

Card image cap
IOL2009-4 Old Indicの強勢付与規則 - 言語学わからない

国際言語学オリンピック2009年第4問、Old Indicの音韻論の問題です。 問題 難易度 使う情報 手順 関連文献 問題 www.ioling.org 難易度 中~やや難(所要時間:20~30分) 使う情報 ・強勢位置が判明している20語 ・(a)の4語が規則によって説明できないこと/(b)の12語が説明できること 手順 ・2つの“heat”で強勢位置が異なることから、品詞の種類や意味は関係なさそう(ghṛ́-ṇi- vs. ghṛ-ṇá-) ・語幹と接尾辞の音節核(≒母音)の組み合わせも関係なさそう(pū́r-va- vs. dhū-má-) ・音節構造は概ねCV(C)-(C)V-っぽい…

関連記事

今後のアップデートで実装されます.

類題

IOL2004-5
Chuvash
チュヴァシュ語
★★★☆☆3 音韻
IOL2007-5
Turkish and Tatar
トルコ語とタタール語
★★★☆☆3 音韻比較
JOL2020-3
バスク語
★★★☆☆3 音韻



IOL2009-5 ナワトル語

翻訳・ヒント・解答・解説のまとめ