JOL2017-2 フリウリ語

翻訳・ヒント・解答・解説のまとめ

情報

JOL2017-2
フリウリ語
★★☆☆☆2 形態

主題:Furiulian
作問:

ヒント

“to cusin”「君のいとこ(単数)」,“il nestri cusin irlandês”「私たちのアイルランド人のいとこ」,“i miei cusins”「私のいとこ達」に共通するのは?

cusin, cusins「いとこ,いとこ達」が共通しており,この語の意味が分かる.

更にcjase/cjases,biciclete/bicicletes,sûr/sûrsが出てくる例を比べると?

語尾の-sが複数を意味することが分かる.

フリウリ語のla, lisは何を表しているだろうか.“lis cjases”,「その(特定の)家(複数)」, “la biciclete”「その(特定の)自転車(単数)」を手掛かりにすると?

la, lisは日本語訳の「その(特定の)」に当たり,英語のtheのような対象の定性を表す定冠詞だと想像できる.

mêはどんな意味?

“la mê cjase”,“mê sûr"から「私の」だと分かる.

分析の手がかりとするため,語順を明らかにしよう.cjaseやcusinのような中心となる語(=日本語訳で一番後ろに来る語),mêのような所有者,定冠詞はどんな順番で並んでいる?また,それ以外の要素はある?

(定冠詞) - (所有者) - 名詞 の順に並んでいる.また,irlandese/irlandês「アイルランド人の」は最後に来る.

定冠詞,所有者のリストを作ろう.これらの機能は定冠詞,所有者のどれだろうか.語順に注目して考えよう.

定冠詞 i, il, la, lis
私の gno, miei, mê, mês
私達の nestre, nestri, nestris
君の to, tôs

では,これらの形はどのように使い分けられている?

たとえば定冠詞のlaを含む例,lisを含む例に注目し,それぞれの共通点を探そう.

la mê cjase 私の家(単数)
la biciclete その(特定の)自転車(単数)
la nestre ave irlandese 私たちのアイルランド人のおばあちゃん
lis cjases その(特定の)家(複数)
lis tôs bicicletes 君の自転車(複数)
lis mês sûrs 私の姉達

laは単数のとき,lisは複数のときに使われている.同様にほかの定冠詞,所有者を表す代名詞も数に着目して分析し,上のリストに単数/複数の軸を加えて表にまとめてみよう.

以下のような表が作れる.

単数 複数
定冠詞 il, la i, lis
私の gno, mê miei, mês
私達の nestri, nestre nestris
君の to tôs

さらに使い分けの条件を探そう.まずはilとlaが出てくる例のを見ると?

la mê cjase 私の家(単数)
la biciclete 私の自転車(単数)
la nestre ave irlandese 私達のアイルランド人のおばあちゃん
il gno lavôr 私の仕事(単数)
il nestri cusin irladês 私達のアイルランド人のいとこ(単数)

語末が-eのときはla,そうでないときはilが使われている.lisとi,mêとgnoなどのペアもこれに基づいて調べてみよう.全てこの条件で説明できるだろうか.

e(複数のときはes)で終わるときとそうでないときで冠詞などが使い分けられているが,sûr(s)「姉(達)」は例外的にeで終わるグループと同じ形が使われている.

単数 複数
定冠詞 -e la lis
その他 il i
私の -e mês
その他 gno miei
私達の -e nestre
その他 nestri nestris
君の -e tôs
その他 to

laが使われるグループには「おばあちゃん」「姉」といった女性の名称,ilが使われるグループには「兄」「いとこ」などの女性以外の名称が含まれている.これはインド=ヨーロッパ語族の言語によくみられる文法性に従ったグループ分けである.

irlandeseとirlandêsはどのように使い分けられている?

名詞の文法性によって使い分けられている.

いくつかの例では定冠詞が付いていない.どのような場合に定冠詞が付かないか?

中心となる名詞が親族名称であり,単数であり,かつ「アイルランド人の」によって修飾されていないときである. これでフリウリ語への翻訳ができる.

(f) 君の姉(単)では,「君の(女性・単数)」が使われるはずだが,例の中には出てこない.(i) 私達のおばあちゃん達 に使われる「私達(女性・複数)」も同様.上記の表をもとに,推測しよう.

以下に示す通り,複数から -s をとると単数になるケースが観察される.したがって,「君の(女性・単数)」は「君の(女性・複数)」を表す tôs から s をとった tô だと分かる.「私達(女性・複数)」は逆に「私達(女性・単数)」を表す nestre に -s をつけたものなので, nestres だと分かる.

単数 複数
私の(女性) mês
私達の(男性) nestri nestris
君の(女性) tôs
私達の(女性) nestre nestres

  1. “to cusin”「君のいとこ(単数)」,“il nestri cusin irlandês”「私たちのアイルランド人のいとこ」,“i miei cusins”「私のいとこ達」に共通するのは?
  2. cusin, cusins「いとこ,いとこ達」が共通しており,この語の意味が分かる.
  3. 更にcjase/cjases,biciclete/bicicletes,sûr/sûrsが出てくる例を比べると?
  4. 語尾の-sが複数を意味することが分かる.
  5. フリウリ語のla, lisは何を表しているだろうか.“lis cjases”,「その(特定の)家(複数)」, “la biciclete”「その(特定の)自転車(単数)」を手掛かりにすると?
  6. la, lisは日本語訳の「その(特定の)」に当たり,英語のtheのような対象の定性を表す定冠詞だと想像できる.
  7. mêはどんな意味?
  8. “la mê cjase”,“mê sûr"から「私の」だと分かる.
  9. 分析の手がかりとするため,語順を明らかにしよう.cjaseやcusinのような中心となる語(=日本語訳で一番後ろに来る語),mêのような所有者,定冠詞はどんな順番で並んでいる?また,それ以外の要素はある?
  10. (定冠詞) - (所有者) - 名詞 の順に並んでいる.また,irlandese/irlandês「アイルランド人の」は最後に来る.
  11. 定冠詞,所有者のリストを作ろう.これらの機能は定冠詞,所有者のどれだろうか.語順に注目して考えよう.
  12. 定冠詞 i, il, la, lis
    私の gno, miei, mê, mês
    私達の nestre, nestri, nestris
    君の to, tôs

    では,これらの形はどのように使い分けられている?

  13. たとえば定冠詞のlaを含む例,lisを含む例に注目し,それぞれの共通点を探そう.

    la mê cjase 私の家(単数)
    la biciclete その(特定の)自転車(単数)
    la nestre ave irlandese 私たちのアイルランド人のおばあちゃん
    lis cjases その(特定の)家(複数)
    lis tôs bicicletes 君の自転車(複数)
    lis mês sûrs 私の姉達
  14. laは単数のとき,lisは複数のときに使われている.同様にほかの定冠詞,所有者を表す代名詞も数に着目して分析し,上のリストに単数/複数の軸を加えて表にまとめてみよう.
  15. 以下のような表が作れる.

    単数 複数
    定冠詞 il, la i, lis
    私の gno, mê miei, mês
    私達の nestri, nestre nestris
    君の to tôs
  16. さらに使い分けの条件を探そう.まずはilとlaが出てくる例のを見ると?

    la mê cjase 私の家(単数)
    la biciclete 私の自転車(単数)
    la nestre ave irlandese 私達のアイルランド人のおばあちゃん
    il gno lavôr 私の仕事(単数)
    il nestri cusin irladês 私達のアイルランド人のいとこ(単数)
  17. 語末が-eのときはla,そうでないときはilが使われている.lisとi,mêとgnoなどのペアもこれに基づいて調べてみよう.全てこの条件で説明できるだろうか.
  18. e(複数のときはes)で終わるときとそうでないときで冠詞などが使い分けられているが,sûr(s)「姉(達)」は例外的にeで終わるグループと同じ形が使われている.

    単数 複数
    定冠詞 -e la lis
    その他 il i
    私の -e mês
    その他 gno miei
    私達の -e nestre
    その他 nestri nestris
    君の -e tôs
    その他 to

    laが使われるグループには「おばあちゃん」「姉」といった女性の名称,ilが使われるグループには「兄」「いとこ」などの女性以外の名称が含まれている.これはインド=ヨーロッパ語族の言語によくみられる文法性に従ったグループ分けである.

  19. irlandeseとirlandêsはどのように使い分けられている?
  20. 名詞の文法性によって使い分けられている.
  21. いくつかの例では定冠詞が付いていない.どのような場合に定冠詞が付かないか?
  22. 中心となる名詞が親族名称であり,単数であり,かつ「アイルランド人の」によって修飾されていないときである. これでフリウリ語への翻訳ができる.
  23. (f) 君の姉(単)では,「君の(女性・単数)」が使われるはずだが,例の中には出てこない.(i) 私達のおばあちゃん達 に使われる「私達(女性・複数)」も同様.上記の表をもとに,推測しよう.
  24. 以下に示す通り,複数から -s をとると単数になるケースが観察される.したがって,「君の(女性・単数)」は「君の(女性・複数)」を表す tôs から s をとった tô だと分かる.「私達(女性・複数)」は逆に「私達(女性・単数)」を表す nestre に -s をつけたものなので, nestres だと分かる.

    単数 複数
    私の(女性) mês
    私達の(男性) nestri nestris
    君の(女性) tôs
    私達の(女性) nestre nestres

—— karngati

解答

解答

解説

詳しい解説

Card image cap
JOL2017-2 フリウリ語|ClOb|note

LevelB、形態 定冠詞と所有形容詞の変化を問う問題です。正確な条件整理をして規則を導き出す必要があります。(イタリア語に女性名詞と男性名詞の区別があるという知識があればより簡単に解けます。) まず、2,3番目の例文の「その(特定の)」という英語の教科書でよく見る訳から、「lis」や「la」が定冠詞であることが分かります。また、その後の例文からフリウリ語では所有形容詞がすでに付いている名詞にも定冠詞がつく場合がある(詳しくは後述)ことと、所有形容詞が変化することが推測できます。 始めに、名詞の語彙を整理します。(s=single, 単数 / p=plural,

関連記事

今後のアップデートで実装されます.

類題

IOL2010-3
Blissymbolics
ブリスシンボル
★☆☆☆☆1 文字形態対応
JOLsample-2
アイヌ語
★☆☆☆☆1 形態
IOL2003-5
French
フランス語
★★☆☆☆2 形態動詞形態



JOL2017-3 モンゴル語

翻訳・ヒント・解答・解説のまとめ